メッセージ

ごあいさつ

昭和46年(1971年)、相中組は住宅の下請けを主業務として、建設業をスタート致しました。以後、県内外の大手ハウスメーカーとの取引を開始させて頂き、その一方で当社独自の注文住宅業、並びにRC・SS造物件への参入と、時代の変化に対応しながら皆様のご支援のもとに成長して参りました。昭和53年には本社を現在地の伊予市に移転し、昭和58年・平成5年と続いて今治・西条へ営業所を開設、そして南予へと、県下全域で活動致しております。

地域と共に、あなたと共に、「良い家」をつくりたい。

当社では、住まわれる人が日々安心して心豊かな生活を送れるように、優れた耐久性と安全性を根底に、機能性とデザイン性を兼ね備えた洗練された居住空間をご提供、また将来の家族構成を考慮した柔軟性・経済性なども合わせた、全てを満たした誰もが認める本当に「良い家」づくりをお客様にご提案させて頂いております。また、大型物件につきましても、今まで住宅部門で培った豊富な経験と技術力、卓越したノウハウを駆使し地域に貢献して参ります。なおアフターサービスも万全の体制を組み、一人でも多くの方々との信頼を積み重ねていくつもりでおります。「住まいの夢」…それは誰もが描き、限りなく広がっていくことでしょう。私たちはその夢の実現のパートナーとしてお役に立てることを、心から願っているのです。

あたたかな社風が心豊かな人を育てます。

良い家づくりの条件の一つに、「心豊かなる住まい」があります。それには、つくる人・つくる企業が心豊かでなければなりません。現場では常に安全性の重視と、環境への配慮に気を配り、また社員教育にも力を入れ、自らを厳しく律するよう心掛けておりますが、一方でオフタイムには様々な催しを行い、社員のチームワークを大切に心豊かな人材・企業の育成に努力しています。

何事にも一生懸命であれ。

我が社のモットーに、「一生懸命であれ」という言葉があります。物事に一生懸命に取り組むことで、自然と良い発想が生まれ、心に余裕を持つことができ良い仕事・良い結果が生まれると考えるからです。お客様のニーズに応え良い家を造り喜んで頂くために、我が社は何事にも「一生懸命」取り組んで参ります。

今後とも何卒宜しくお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

株式会社 相中組
代表取締役 相中 春一